歯を磨いている子ども

子供の矯正が普及してきた背景

不正咬合の原因

子供の矯正の流れ

子供の矯正Q&A

前歯が乳歯から永久歯に生え替わる頃のお子様の歯並びの悪さあるいは今後の歯並びがどうなっていくのか心配されて毎日保護者の方が相談に来院されておられます。

その際お口の中を見てみますとほとんどの場合、歯の形態、本数の異常が原因となるものは少なく、お子様の顔面の骨格あるいは不良習癖(指しゃぶりなどの悪い癖のこと)が原因であることがほとんどです。

そのようなお子様に子供の時にしか効果がでない、そしてやればかなりの効果がでる治療法が現代では確立されているのです。

それは、顎顔面の骨格をまだ成長が旺盛な小学生くらいのお子様のときに治してあげることです。

ほとんどの不正咬合は歯が悪いのではなく、骨格の問題から起こってくるのです。そんな大切なときに骨格を治さず、乳歯がまだ残っている歯並びばかりを治してなんになるのでしょうか?また悪くなるだけです。歯を抜かないと絶対治らなくなるだけです。

したがいまして家を建てるのであれば地盤が大切なように、歯を並べるのにはまず骨格の不正と不良習癖を早めに治してあげるのが一番です。お子様がまだ成長期で発育のコントロールができる年齢(小学生くらい)であればお早めにご相談ください。