日常生活で無意識に行っている「悪い癖」があると、歯並びや咬み合わせが悪くなってしまう原因になってしまいます。

特に成長期のお子様に癖がある場合、歯並びや顎の発育にも影響を及ぼす場合がありますので注意が必要です。

頃無意識で行っていることですので、気づかない場合が多いと思いますが、癖があることを自覚することで不正咬合を防ぐことができます。

【悪習癖の種類】

■指しゃぶり

指しゃぶり

2歳頃までの指しゃぶりは生理的な範囲に含まれ、歯並びに影響が出た場合でも指しゃぶりをやめれば自然治癒が期待できます。

 

4~5歳まで残った指しゃぶりは、前歯が開いてうまく噛めない、上の歯が出っ歯になってしまうなど、不正咬合の原因となりますので注意が必要です。

  開咬上の歯が出っ歯

■舌癖

舌癖

上下の歯の間に舌を挟んだり、飲み込むときに上下の前歯を強く押したりする癖のことを「舌突出癖」と言います。

舌突出癖は、前歯が開いてうまく噛めない「開咬」や出っ歯の状態「上顎前突」、受け口の状態「下顎前突」の原因となります。

この舌癖は、お口周りの筋肉や舌の筋肉を鍛える口腔筋機能療法(MFT)を行うことで改善へと導きます。 

■口呼吸

口呼吸

舌癖がある場合、口呼吸になる可能性が高まります。

正常な呼吸法は、お口は閉じて、舌は上あごに付け鼻呼吸をしますが、口呼吸をしている場合、お口は常にポカンと開いたままになりますので、舌は本来あるべき位置よりも低い位置に落ちやすくなります。(低位舌)

お口まわりの筋肉も弱くなりますので歯列の幅が狭まり、歯列不正の原因になります。

また、お口の中が乾燥すると口臭や、むし歯・歯周病菌の繁殖しやすい環境にもなってしまいます。

口呼吸を続けているとお口・歯のトラブルや歯並びだけではなく、全身へも悪影響を及ぼしてしまいます。

鼻呼吸は空気中の有害物質を浄化してきれいな酸素を体へ送り込むことが出来ますが、口呼吸をするとばい菌や有害物質をそのまま吸ってしまうことになります。