ついにセラミック製の目立たない
セルフライゲーションブラケットが登場

■ CLIPPY-Cとは

CLIPPY-C[クリッピーC]は、歯をひっぱるワイヤーと、歯に固定するブラケットとの摩擦抵抗が少なくなった、セルフライゲーションブラケットです。

従来のブラケットと比べて、ワイヤーとブラケットの摩擦抵抗がかなり少なくなるよう設計されているため、歯がスムーズに動きやすく、矯正治療中の痛みも軽減されます。

また、CLIPPY-C[クリッピーC]のボディは、セラミック製で、従来の金属製のブラケットと比べて、ちにくいのが特徴です。

CLIPPY-C

主な特徴》

目立ちにくいセラミック製のブラケット
摩擦が少ないセルフライゲーションブラケット
治療期間が短縮し、治療中の痛みが軽減
表側矯正に使用

■ 特徴1 痛みが少なくて歯が動きやすいセルフライゲーションブラケット

CLIPPY-C[クリッピーC]は、トミーインターナショナル社のセラミック素材のセルフライゲーションブラケットです。 セルフライゲーションブラケットとは、従来のブラケットのようにワイヤーとブラケットを、ゴムや結紮線[ けっさつせん (細い金属線) ]で固定しないで治療を行えるのが特徴です。

ワイヤーとブラケットを固定するのに、細い金属線やゴムを使用しないので、歯磨きがしやすくなり、衛生的にも優れたブラケットです。

ブラケット自体についている、開閉式のクリップ状の「ふた」がワイヤーを留めているため、ワイヤーとブラケットの間に若干の隙間、「ゆとり」ができます。

このワイヤーとブラケットのあいだにできる「ゆとり」が摩擦抵抗を少なくし、歯への負担と、歯を動かす障害が軽減されます。その結果、歯が弱い力でスムーズに移動できるようになり、治療期間が短くなり、また、矯正治療中の痛みが軽減します。

【メリット】
・歯を動かすときの痛みが少ない
・治療期間が短縮できる。(従来より約20~30%減)
・装置の装着時間が短縮できて来院時間が短くなる。
【デメリット】
・従来の装置よりも金額がやや高い

■ 特徴2 外から目立ちくいセラミック製のブラケット

ボディは半透明のセラミック製なので、金属性のブラケットと比べて目立ちません。セラミックは、色しにくい材料なので、プラスチック製のブラケットと比べて着色汚れの心配が少ないです。強度を保つために、ワイヤーを押さえるバネの部分は金属製ですが(金属キャップ)、白色系の金属『ロジウム』でコーティングしているので、目立ちにくいのが特徴です。

従来型の表側矯正、金属製のブラケットと比べると、ややコストはかかりますが、審美性に優れた上に、痛みの軽減と治療期間の短縮に優れた矯正装置です。(当院では治療費は据え置きです。