大阪府羽曳野市の大阪矯正歯科相談室は成人の目立たない矯正と子供の歯列矯正の矯正専門医院です
投稿
  • HOME »
  • 矯正歯科Q&A

矯正歯科Q&A

よくある質問

Q1.裏側(歯の)からの矯正治療とは?

A1.今まで、表側に装置を付けた場合、目立たない装置をつけてもやはり人には見えてしまっていました。それで仕事上、人には見られたくない方、友人・家族には知られたくない方等はこういったデリケートな悩みのせいで、矯正治療に抵抗感があり治療に踏み切れませんでした。
このような歯並びは治したい・気になるという方には裏側からの裏側矯正治療がおすすめです。
これは、歯の裏側に装置を付けることにより人に気付かれることなく矯正治療ができる方法です。


Q2.矯正治療は何歳までできるの?

A2.矯正治療に年齢の上限はありません。子供だけがするものではなく、患者さんの半数は大人です。最近は日本でも、大人で矯正治療をする人が増えているのです。
年齢で言うと、40歳~50歳ぐらいまでの患者さんが当院で矯正治療を行っています。


Q3.何歳くらいで相談したらいいの?

A3.お子様の不正咬合に気づいたら、早めに相談されることをおすすめします。治療開始時期は症状によって適切な時期が異なりますので、一度お子様のお口の状態を見てもらうだけでも安心です。


Q4.治療中に痛みはあるの?

A4.装置を初めて付けたり、力を調整したときは、歯が浮くような感覚があります。個人差がありますが、数日でおさまります
当院では、最新の矯正装置を使用しておりますので、やさしい力が歯にかかるようになっております。


Q5.治療費はどれくらいかかるの?

A5.費用につきましては、お顔の骨格やお口の中の状態、装置の種類、治療期間、患者様のご希望などのさまざまな条件により、それぞれ異なります。初診相談の際には、費用を概算でお見積りはいたしますが、正確な費用につきましては当院に来院し検査を受けられてからお話することになります。
しかし、できる限り多くの方に矯正治療を知っていただきたい、していただきたいという観点から費用は抑えさせていただいております。


Q6.どれくらいの期間がかかるの?

A6.治療期間は、治療内容、年齢、難易度によって異なりますが、一般的に子供の矯正なら12ヶ月~18ヶ月、大人の全体的な矯正なら24ヶ月前後が平均的ですが難易度によって異なります。早い方は半年という場合もあります。まずはご相談ください。


Q7.通院の間隔は?

A7.矯正装置を使う動的治療中は、およそ月1回のペースでの通院になります。観察期間や保定期間だと4~6ヶ月に1回の通院になります。


Q8.装置をつけているとしゃべりにくいの?

A8.当初は少ししゃべりにくくなりますが、慣れれば普通に話せるようになります。


Q9.歯を抜かないで矯正治療ができるの?

A9.あごと歯の大きさや、上顎と下顎のバランスの良い状態で歯が並ぶためのスペースがあれば、抜歯せずに治療ができます。乳歯から永久歯に代わる頃やあごの成長が旺盛な時期に治療を開始すれば、歯を抜かずに治療できる可能性も高くなります。


Q10.結婚式をするので目立たない方法はあるの?

A10.歯の裏側から装置を付ける方法だと他人に気づかれる心配は一切ありません。歯の表側から装置をつける方法でもクリアな装置だと目立ちにくいですし、ワイヤーも結婚式直前に白色のものに変えるとかなりわかりにくいです。


Q11.治療期間中にサッカーなどのスポーツや、吹奏楽などの音楽はできるの?

A11.通常のスポーツなら基本的に大丈夫です。激しいスポーツや格闘技は装置が唇や歯ぐきにぶつかる心配もありますので、マウスガードや装置をカバーするリッププロテクターなどがあります。吹奏楽も同様で、プロの方でも大丈夫でした。


Q12.装置が壊れた時はどうするの?

A12.そのままにしておくと口の中を傷つけたりします。すぐに担当医に連絡し、指示に従ってください。矯正専門医院だと矯正専門の歯科医師が常にいますので安心です。


Q13.むし歯や歯周病にかかっていても矯正できるの?

A13.矯正治療の前に歯の検査をして治療方針が決まってから、むし歯や歯周病がある場合は先に必要な治療を済ませていただきます。その際は一般歯科にご紹介いたしております。


Q14.食事や歯みがきは普通と同じでいいの?

A14.矯正装置によって多少の違いはありますが、普通の食事であれば問題ありません。ただし硬いものや、粘着性のものは避けた方がいいでしょう。装置をつけているときは歯みがきに工夫がいりますので、みがき方の指導をしますから、早くそれを身につけてください。


Q15.矯正治療が成功するポイントはどこにあるの?

A15.矯正治療は比較的長い治療期間が必要ですので、患者さんと矯正歯科医、それにご家族の協力体制信頼関係を保つことが大切です。治療の予約を守ること歯みがきをていねいにすること、装置の使用法など先生の指示に従うことが必要です。


Q16.矯正歯科専門医院のメリットは?

A16.長い研修期間を終えた、豊富な矯正歯科治療の知識と経験のある歯科医師が常勤しております。また、矯正歯科でしか使わない設備、器具、材料も充実しておりますので、あらゆる症状に対応できますので安心です。 治療を始めてから、先生が来る日しか診てもらえないことがわかった方もおられます。このような方は突然のトラブルのときなど不安です。受診はやはり矯正歯科専門医院のほうが安心です。

▲このページのTOPへ

費用例とお支払い方法について

治療費とそのお支払例

お口の中の状態、希望される装置により若干異なります。
矯正治療費は医療費控除の対象となります。
分割払いの相談にも応じさせていただいておりますので、お支払方法についてもお気軽にご相談下さい。(金利・手数料無料!)
質の高い医療を実践しながら、治療を受けやすくするため、治療費は全国の大学の付属病院並みに設定しております。

—————————————————————–

1.子供(混合歯列)の治療費例

2.大人(永久歯列)の治療費例

3.セルフライゲーション(デーモンシステムetc.)の治療費例

4.裏側からの見えない舌側矯正の治療費例

5.マウスピースタイプ(インビザラインetc.)の治療費例

初診相談料
初診診査料
無料
無料
精密検査料
→ 一般検査だけでなく精密検査料も込み
20,000円+TAX
分析・診断料
→ コンピュータによる分析、治療後のシュミレーション、治療方針の決定などすべてを含む。
15,000円~+TAX
※2度目以降の検査・診断料はいただいておりません。従いまして、治療の
進行に応じて何度検査をしましても、追加料金の心配が無くご安心です。
観察料
→ 定期検診、ブラッシング指導、歯石除去、クリーニング、フッ素塗布など。
3,000円~+TAX

 

1. 子供(混合歯列)の治療費例(乳歯列~混合歯列期の第一期治療)

CASE1.小学生A君は12ヶ月間治療をされました

矯正料金

処置料(調節料)
総額

280,000円+TAX(消費税)
4,000円~×12回+TAX
328,000円+TAX
◇お支払い方法(矯正料金)の例
初回
2回目~12回目
64,000円+TAX

24,000円+TAX
 

お子様の場合、お口の状態により第二期治療(永久歯の本格矯正)が必要なケースがありますが、第一期治療を受けられた患者様に限り、矯正料金は¥300,000程度で治療を受けられます。(第二期治療の開始時期の目安は中学生以降です。)

2. 大人(永久歯列)の治療費例

CASE2.中学3年生のBさんは全体的な矯正治療が24ヶ月必要でした。

矯正料金

処置料(調節料)
総額

580,000円+TAX(消費税)
4,000円~×24回+TAX
676,000円+TAX
◇お支払い方法(矯正料金)の例
初回
2回目~24回目
78,000円+TAX

26,000円+TAX
◇透明の目立たない装置を希望される場合は別に費用が必要です。
上顎のみ
上下顎
50,000円+TAX
90,000円+TAX

 3. セルフライゲーション(デーモンシステム、etc.)の治療費例

治療が終わるまで月々の処置料(調節料)込みになります。

CASE3.大学生C君は24ヶ月の治療期間の必要性がありました。
(歯を抜かないで全体的な矯正治療)

総額

750,000円+TAX
◇お支払い方法の例
初回
2回目~24回目
83,000円+TAX
29,000円+TAX

CASE4.OLのDさんは26ヶ月の治療期間の必要性がありました。
(歯を抜いて全体的な矯正治療)

総額 790,000円+TAX
◇お支払い方法の例
初回
2回目~26回目
65,000円+TAX

29,000円+TAX

 4.裏側からの見えない舌側矯正の治療費例

一般的に裏側からの矯正治療の処置料(調節料)は、表側の矯正治療に比べて手数がかかるため、2倍、3倍と高額なのが一般的ですが、当院では安心して何度でも来院できるよう、矯正治療が終わるまで月々の処置料(調節料)は込みの総額制です。

CASE5.高校生のEさんは上の歯だけ裏側からの矯正をすることにしました。
(この場合、下の歯は表側からの透明の装置)

治療期間20ヶ月(歯を抜かないで行う全体的な矯正治療)
総額 980,000円+TAX
◇お支払い方法の例
装置発注時(10%)
初回2回目~24回目
98,000円+TAX
123,000円+TAX

33,000円+TAX

CASE6.社会人のFさんは上下の歯とも裏側からの矯正をすることにしました

治療期間24ヶ月(歯を抜かないで行う全体的な矯正治療)
総額 1,180,000円+TAX
◇お支払い方法の例(ボーナス併用)
装置発注時(10%)
初回
ボーナス月4回
その他の月20回
118,000円+TAX
102,000円+TAX
90,000円+TAX

30,000円+TAX

 

5.マウスピースタイプ(インビザライン、クリアアライナーetc.)の矯正治療費例

→4.に準ずる
 

※上記治療費は治療の難易度および治療に必要な矯正装置の種類、数、治療期間によって異なります。
※初診カウンセリング時に概略のお見積もりをいたします。

▲このページのTOPへ

医療費控除について

矯正歯科治療では医療費控除が受けられる!

医療費控除とは

本人や本人と生計を一にする配偶者その他の親族が(1月1日~12月31日)に支払った医療費を、その年の所得から差し引くことができる制度です。

つぎの計算式によって計算した金額を控除できます。

支払った医療費額
(保険金等での補てん額は除く)
10万円または
総所得の5%の内
いずれか少ない方の額
医療控除額
(最高限度200万円)

 

  1. 1年間に医療費として支払った金額が10万円以上の場合、その対象となります。(未払いの医療費は控除対象になりません。)
    (ただし、その年の所得合計が200万円以下の方は10万円以下でもその対象となる場合があります。)
  2. 発育期の子供の歯列矯正の費用は医療費控除の対象となります。これはどこの税務署でも共通の見解のようです。大人の矯正の場合は意見の分かれるところです。実際、美容整形のための費用は医療費控除の対象になりません。矯正歯科専門医院の専門医(日本矯正歯科学会の認定医)が診断し、医学的な病名のついた人の場合は医療費控除の対象となると考えてよいと思います。

医療費控除を受けるための手続き

医療費控除の適用を受けるためには、確定申告書の所定の欄に、医療費控除に関する事項を記入して、納税地の所轄税務署に提出することが必要です。

その際、支払った医療費の領収書等を確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示することが必要です。

医療費控除を忘れたとき

  1. まったく医療費控除をしてない場合
    確定申告の義務のない人で、まだ還付申告をしてない人は、その翌年から5年以内となっています。平成22年の申告は平成27年までが還付申告できる期限になっています。
  2. 医療費控除をしたけどさらに領収書を発見した場合
    医療費控除のために還付申告した人で、確定申告義務のない人は今年の3月15日か還付申告書を提出した日のいずれか遅い日から1年以内なら更正の請求ができます。医療費控除のために還付申告した人で、確定申告の義務がある場合は申告年分の翌々年の3月15日まで。

医療費控除の対象となる医療費の例

  1. 医師歯科医師に支払った医療費
  2. 治療や療養に必要な医薬品の購入費用
  3. 入院や通院のための通常必要な交通費(公共交通機関、タクシー代等)
  4. あん摩、マッサージ、指圧師、はり師、きゅう師、または柔道整復師による治療を受けるための施術費
  5. 保健師や付添い婦などに支払った療養上の世話を受けるための費用(療養のために特に依頼した者で例えば、家政婦等に支払った費用も含まれます。但し、家族に支払ったものは除かれます)
  6. 助産師による分娩の介助料

 

●本頁記載の税務のお取扱は、平成22年1月現在の税制に基ずく一般的な取扱について記載しております。税務上の取扱が税制改正などで変更となることがありますのでご注意ください。個別の取扱等につきましては、所轄の税務署、税理士等専門家にご相談ください。

▲このページのTOPへ

PAGETOP