大阪府羽曳野市の大阪矯正歯科相談室は成人の目立たない矯正と子供の歯列矯正の矯正専門医院です
投稿
  • HOME »
  • 矯正治療について

矯正治療について

矯正治療(歯列矯正)とは

歯科イメージ

よくいただく質問

 

矯正はなぜ必要ですか?

矯正治療はどれくらいの期間がかかりますか。

矯正治療はいたみますか? 

矯正治療中に避けること注意すること

 

矯正治療とは

歯並びや噛み合わせが悪い事を不正咬合といいます。不正咬合があると口元の形が良くないばかりでなく、歯の働きが妨げられたり、歯磨きがしにくく虫歯歯周病になりやすくなります。

矯正治療はこの不正咬合を治し、虫歯や歯周病を防ぎ、発音を明瞭にするとともに食物をよく噛めるようにし健康を一層増進させようとする治療なのです。

不正咬合の原因

不正咬合の原因は大きく分けて2つあります。1つは遺伝によるもの、もう1つは骨の発育障害や指しゃぶりなどのによるものです。また、虫歯も治療しないで放置するとその原因となります。

治療の時期及び期間

通常、乳歯から永久歯にはえかわる時期がよいのですが、乳歯の時期に治したほうがよい場合もあります。また大人になってからでも治療ができます。
通院は月に1回程度で治療期間は子供で平均1年半成人で平均2年ですが、それ以上かかることもあります。治療後場合によっては大人になるまで観察が必要なこともあります。

治療期間は不正咬合のひどさや原因によっていろいろですので矯正歯科の専門医に診察を受けて最もよい時期に治療を開始する事が大切です。

治療開始にあたって

矯正治療は治療前に患者さんおよび御家族の方々について色々調査し、お顔や歯の写真歯の型レントゲン写真をとって、詳細に診査したあと、診断治療計画をたて治療をはじめます。

矯正治療は虫歯の治療と違い、期間が長くかかり、その期間は最低月1回の割り合いで来院して頂かねばなりません。先生の指示に従って根気よく通院して頂かないと治りません。治療を始めたら途中で中断する事のないように、十分通院できる見通しがついてから始めましょう。


全身にあたえる影響

治療のすすめ方

患者様の理想を実現していくために当院では治療開始までに2度カウンセリングするようにいたしております。

矯正歯科治療は、こう進む!

大人の治療と子どもの治療、それぞれのプロセス

矯正歯科に行くと、初診相談をした後、すぐに矯正装置を付けるわけではありません。
治療するにしても、まずは精密検査を受け、歯の状態を調べてもらい、それに合った治療計画を立ててもらう必要があります。治療する本人にむし歯があれば、一般歯科での処置も必須です。
そういう準備を経て、はじめて治療がスタートするのです。そのおおまかな流れは下記の通りです。

治療開始まで

STEP1:初診・相談

問診表やアンケート用紙に症状などを記入していただき、その後、咬み合わせの状態をチェックします。
このとき、治療内容や費用など、気になることを納得いくまで相談しましょう。


STEP2:精密検査

エックス線写真や口の中の写真を撮影し、歯型をとるなどして、歯並びの状態を調べます。
通常は1回、もしくは2回に分けて行われます。


STEP3:診断・治療計画の決定

検査の結果をもとに、咬み合わせの状態や今後の治療方針を詳しくご説明します。
ここでの話し合いがその後の治療の流れを決めるので、治療についての疑問点や希望は、遠慮せずに聞いてください。

治 療 開 始 後

<乳歯・混合歯列の場合>
STEP1:診療開始の準備

むし歯などがある場合は、一般歯科に治療を依頼します。
かかりつけの一般歯科がない場合は、紹介いたしますので、装置をつけるまでにそこで治療を済ませていただきます。


STEP2:早期治療(第一期治療)スタート

指しゃぶりなどのクセや咬み合わせの影響などで、あごにズレや歪みがある場合は、積極的に装置を入れて治療を開始することもあります。ここで使う装置は、歯やあごの状態によって異なり、夜寝るときだけ付けるものや、終日付け続けるものなど、いろいろあります。この時期の治療はおよそ1月に1回の通院をだいたい1~2年くらい続けることが多いですが、不正咬合の状態によって、異なります。


STEP3:経過観察

早期治療が終わってから永久歯に生え替わるまでの間は、治した状態が安定しているか、ほかに新たな問題が生じていないかなどの経過観察が必要です。この期間は、乳歯から永久歯に生え変わるときに歯の交換の異常が起こらないか見ていく大事な時期です。観察期間の通院は、年に数回程度のペースとなります。このまま大きな問題もなく永久歯に生え替わった場合は、奥歯(第二大臼歯)の咬み合わせを確認して治療が終了することもあります。
しかし、多くの場合は永久歯が生え揃う時期から、本格治療を受けることになります。

<永久歯列の場合>
STEP1:治療開始の準備

乳歯・混合歯列と同じように、むし歯などがある場合は、装置を付けるまでに一般歯科で治療を済ましておいていただきます。 親知らずを抜く場合もあります。


STEP2:本格治療(第二期治療)スタート

すべての歯に矯正装置(マルチブラケット)を付けて本格治療を開始します。治療中は約1ヶ月に一度のペースで通院して、ワイヤーの交換や調節、歯並びのチェックや装置の調節などをいたします。
ここでの治療期間は、歯の状態や動く速さに個人差がありますが、だいたい1~3年くらいです(平均2年間)。


STEP3:保定観察(アフターフォロー)

歯がキレイに並び、よく噛めるようになったら矯正装置をはずし、かわりにリテーナー(保定装置)を付けます。
これは歯がもとに戻ろうとするのを防いで、安定させるための装置です。保定期間は長ければ長いほどより良いです。保定観察期には、だいたい3ヶ月から半年に1回程度の通院を2,3年続ける場合が多いです。 治療が終わっても、アフターフォローが大切です。

必要な保定観察が終わったら終了です!!その後も、歯のケアは欠かさずに。

▲矯正治療についてのTOPへ

矯正治療はいつ頃から始めればよいのですか?

こども

患者さんの年齢や不正咬合の種類、永久歯への生え替わりの状態、治療法などによって治療をスタートする時期が違います。歯科医に相談して適切な治療開始時期を指示してもらって下さい。低年齢で早く始めた方が良い歯並びや咬み合わせは、次の通りです。

1、下顎前突(受け口)

2、上顎前突(出っ歯)

3、開咬(上下の前歯が開いている)

4、交叉咬合(上下の前歯が横にずれている)

 

子供の場合、本人の矯正したいという気持ちや、受験の問題、保護者の転勤なども考えて、治療を始める時期を決めることが大切です。

▲矯正治療についてのTOPへ

矯正治療はなぜ必要ですか?

黒板の前に立つ小学生

<1>きれいに並んだ歯は歯磨きがしやすくなり、むし歯や歯肉炎になりにくいので、歯がながもちします。

<2>よい咬み合わせをつくることにより、食べものが良く噛め消化もよくなり、またはっきりとした発音もできるようになります。

<3>よい咬み合わせは、顔や顎関節、口の周りの筋肉などをよい状態に保ちます。

<4>歯並びを治すことで、コンプレックスを解消し、暗い表情から明るい表情へとイメージアップし、自信がつきます。

▲矯正治療についてのTOPへ

矯正治療中に避けること注意すること

矯正治療中に避ける食べ物

【硬い物】

せんべい
からあげ
骨(軟骨、手羽先、豚足、骨付カルビ)
あめ

スナック菓子
生野菜(野菜スティックなど)

【粘着性の強い物】


ガム
キャラメル
ハイチュー

お菓子

【癖の物】

割り箸を咬む
タオル咬む

【歯ブラシ】

ブラッシング圧

【就寝時】

ブラキシズム(歯ぎしり)
クレンチング(くいしばり)

歯ぎしり

▲矯正治療についてのTOPへ

矯正治療はいたみますか?

はじめて装置をつけたときや、装置の調整でワイヤーを取り換えたときなどは、歯が少し浮いたような痛みを感じます。

痛みの大きさや時間には個人差がありますが、通常3~5日でおさまります。

その間は、柔らかい物を食べるようにしてください。

歯ぐきを指でマッサージしたり、塩湯を口に含んだりすると、歯の根の周りの歯肉が温まるので血液の循環が良くなり、楽になります。

最近では、弾力性のある細い形状記憶合金を使って歯を動かし始めるので、痛みも少なくなりました。

小学校低学年の子供でも我慢できる程度の痛みですから、あまり神経質になる必要はありません。

矯正中の痛みの原因は?

歯を支えている組織【歯根膜(しこんまく)】にかかる圧力によるものです。矯正治療では、矯正用ワイヤーなどによって歯根膜に圧力をかけて、歯を動かしますが、その際、歯が締め付けられるような痛みが発生します。
ody”>

矯正治療の痛みを軽減させるために、穏やかな力を与える

歯は穏やかな力を与えゆっくり動かすことが理想です。この適度で穏やかな力を十分理解している医師の治療は、強い痛みを伴いません。
当院では、患者さんが少しでも、苦痛を伴うことなく、治療を受けていくことができるよう配慮しています。

痛みを減らす矯正装置について

柔らかい矯正装置≪超弾性ワイヤー≫

超弾性ワイヤーは「形状記憶合金」でできており、普通の針金に比べて、「弱い力で大きくしなる」といった特徴があり、歯に強い締め付けを起しません。当院では、矯正装置に超弾性ワイヤーを使用することで治療による痛みの軽減を図っています。

▲矯正治療についてのTOPへ

矯正治療はどれくらいの期間がかかりますか。

症状や年齢によってちがいます。

永久歯列で、上下の顎のバランスには問題が少なく、顎と歯の大きさのバランスが悪い場合の治療期間は2~3年位です。

遺伝的要素がある下顎前突(受け口)では、第一段階の早期治療を終えても、成長期に下顎の発育が著しい場合には、すべての永久歯に生え替わると咬み合わせが再び不安定になることがあります。

そのため、第二段階の仕上げの治療が必要になり、長期間かかる場合があります。

▲矯正治療についてのTOPへ

ブラケット装置を装着している方の注意点

 

ブラケット装置を装着してから24時間以内は、ブラケットを装着するときの歯科用接着剤が完全には硬化していないため、外れやすい状態です。食事や歯磨きのときに強い力が加わると外れてしまうことがありますので注意してください

矯正装置

(矯正装置のイメージです)

注意点

①  食後、白湯を口に含み、歯の熱を逃がして下さい。歯の痛みをおさえ、動きを良くし、歯に優しい矯正ができます。

②  装置装着後2 、3日は硬いものを食べない様 にしてください。豆腐や麺類など、柔らかく、噛み切れるものがおすすめです。(痛みがヒドイ場合)

③  矯正装置は、矯正治療終了後に外すことを前提に装着しているため、あまり強すぎる歯科用接着材では装着できません。そのため、矯正装置を装着しているときは、食事や歯磨きの際に気を付けていただかないと、装置が外れやすくなってしまいます。

ガム、キャラメル、粘着性の高い飴(ハイチュウ、ミルキーなど)、お餅等のくっつきやすいもの、煎餅やりんごなど硬いものを丸かじりすると、装置が外れてしまうので控えるようにして下さい。

例えば、煎餅やりんごであれば、あらかじめ小さいサイズにくだき、矯正装置に当たらないように食べるといった工夫をして下さい。かち割り氷をほおばる、飴をなめるといったことも、案外装置が外れる原因になりますので注意してください。

④  カレー、コーヒー等は歯に着けたモジュールが変色することがあるので、気をつけてください。

⑤  毎日歯が動いている状態です、お口の奥からワイヤーが少しずつ出っ張ってきます。出てきたワイヤーが頬に当たって痛い場合は、出てきた部分のワイヤーをカットしますのでお電話で連絡してください。(ワイヤーが後ろから出てくること自体は、歯がきれいにならんできた証拠なので、不安に思わなくて大丈夫です)

⑥  歯ブラシは「矯正用のもの」を使うと上手に磨くことができます。また、歯間の歯垢を取り除くためのデンタルフロスや小さくて小回りがきく歯間ブラシなど、補助的な清掃器具もご一緒に必ずご使用ください。

⑦  スポーツや吹奏楽等の部活動で装置が気になる方はリッププロテクターをご使用下さい。

⑧  装置が取れた場合は、お電話にてご連絡下さい。この際、処置料がかかることをご了承願います。

また、歯から取れた装置は捨てずに来院時にご持参下さい。紛失されますと、一粒単位で購入して頂くことになります。

⑨  説明書類にワックスのお渡しとありますが、ワックスはご購入となります。

 

上記の9点は治療期間の短縮、および患者さまの快適な治療生活についてのご提案です。

治療中は外部の反応に敏感になりますが、神経質になる必要はありません。

ご協力、お願いいたします。

▲矯正治療についてのTOPへ

PAGETOP