歯科イメージ

よくいただく質問

 

矯正はなぜ必要ですか?

矯正治療はどれくらいの期間がかかりますか。

矯正治療はいたみますか? 

矯正治療中に避けること注意すること

 

矯正治療とは

歯並びや噛み合わせが悪い事を不正咬合といいます。不正咬合があると口元の形が良くないばかりでなく、歯の働きが妨げられたり、歯磨きがしにくく虫歯歯周病になりやすくなります。

矯正治療はこの不正咬合を治し、虫歯や歯周病を防ぎ、発音を明瞭にするとともに食物をよく噛めるようにし健康を一層増進させようとする治療なのです。

不正咬合の原因

不正咬合の原因は大きく分けて2つあります。1つは遺伝によるもの、もう1つは骨の発育障害や指しゃぶりなどのによるものです。また、虫歯も治療しないで放置するとその原因となります。

治療の時期及び期間

通常、乳歯から永久歯にはえかわる時期がよいのですが、乳歯の時期に治したほうがよい場合もあります。また大人になってからでも治療ができます。
通院は月に1回程度で治療期間は子供で平均1年半成人で平均2年ですが、それ以上かかることもあります。治療後場合によっては大人になるまで観察が必要なこともあります。

治療期間は不正咬合のひどさや原因によっていろいろですので矯正歯科の専門医に診察を受けて最もよい時期に治療を開始する事が大切です。

治療開始にあたって

矯正治療は治療前に患者さんおよび御家族の方々について色々調査し、お顔や歯の写真歯の型レントゲン写真をとって、詳細に診査したあと、診断治療計画をたて治療をはじめます。

矯正治療は虫歯の治療と違い、期間が長くかかり、その期間は最低月1回の割り合いで来院して頂かねばなりません。先生の指示に従って根気よく通院して頂かないと治りません。治療を始めたら途中で中断する事のないように、十分通院できる見通しがついてから始めましょう。


全身にあたえる影響