ブラケット装置を装着してから24時間以内は、ブラケットを装着するときの歯科用接着剤が完全には硬化していないため、外れやすい状態です。食事や歯磨きのときに強い力が加わると外れてしまうことがありますので注意してください

矯正装置

(矯正装置のイメージです)

注意点

①  食後、白湯を口に含み、歯の熱を逃がして下さい。歯の痛みをおさえ、動きを良くし、歯に優しい矯正ができます。

②  装置装着後2 、3日は硬いものを食べない様 にしてください。豆腐や麺類など、柔らかく、噛み切れるものがおすすめです。(痛みがヒドイ場合)

③  矯正装置は、矯正治療終了後に外すことを前提に装着しているため、あまり強すぎる歯科用接着材では装着できません。そのため、矯正装置を装着しているときは、食事や歯磨きの際に気を付けていただかないと、装置が外れやすくなってしまいます。

ガム、キャラメル、粘着性の高い飴(ハイチュウ、ミルキーなど)、お餅等のくっつきやすいもの、煎餅やりんごなど硬いものを丸かじりすると、装置が外れてしまうので控えるようにして下さい。

例えば、煎餅やりんごであれば、あらかじめ小さいサイズにくだき、矯正装置に当たらないように食べるといった工夫をして下さい。かち割り氷をほおばる、飴をなめるといったことも、案外装置が外れる原因になりますので注意してください。

④  カレー、コーヒー等は歯に着けたモジュールが変色することがあるので、気をつけてください。

⑤  毎日歯が動いている状態です、お口の奥からワイヤーが少しずつ出っ張ってきます。出てきたワイヤーが頬に当たって痛い場合は、出てきた部分のワイヤーをカットしますのでお電話で連絡してください。(ワイヤーが後ろから出てくること自体は、歯がきれいにならんできた証拠なので、不安に思わなくて大丈夫です)

⑥  歯ブラシは「矯正用のもの」を使うと上手に磨くことができます。また、歯間の歯垢を取り除くためのデンタルフロスや小さくて小回りがきく歯間ブラシなど、補助的な清掃器具もご一緒に必ずご使用ください。

⑦  スポーツや吹奏楽等の部活動で装置が気になる方はリッププロテクターをご使用下さい。

⑧  装置が取れた場合は、お電話にてご連絡下さい。この際、処置料がかかることをご了承願います。

また、歯から取れた装置は捨てずに来院時にご持参下さい。紛失されますと、一粒単位で購入して頂くことになります。

⑨  説明書類にワックスのお渡しとありますが、ワックスはご購入となります。

 

上記の9点は治療期間の短縮、および患者さまの快適な治療生活についてのご提案です。

治療中は外部の反応に敏感になりますが、神経質になる必要はありません。

ご協力、お願いいたします。

▲矯正治療についてのTOPへ