症状や年齢によってちがいます。

永久歯列で、上下の顎のバランスには問題が少なく、顎と歯の大きさのバランスが悪い場合の治療期間は2~3年位です。

遺伝的要素がある下顎前突(受け口)では、第一段階の早期治療を終えても、成長期に下顎の発育が著しい場合には、すべての永久歯に生え替わると咬み合わせが再び不安定になることがあります。

そのため、第二段階の仕上げの治療が必要になり、長期間かかる場合があります。

▲矯正治療についてのTOPへ