大阪府羽曳野市の大阪矯正歯科相談室は成人の目立たない矯正と子供の歯列矯正の矯正専門医院です
投稿
  • HOME »
  • 裏側矯正治療

裏側矯正治療

裏側矯正(舌側矯正)とは

teeth

舌側矯正のメリットとデメリット

裏側矯正(舌側矯正)のメリット

歯の裏側からの裏側矯正治療とは

歯の裏側からの裏側矯正装置は従来の表側の装置と異なり、歯の裏側に装置を装着して歯並びを綺麗にする矯正装置で、「リンガル矯正Lingual:舌側)」や「舌側矯正と呼ばれています。

ワイヤーとブラケットを使った一般的な矯正治療は、歯の表側に矯正装置をつけて歯を動かしますが、裏側矯正は、外から見えない歯の裏側に矯正装置をつけて治療するので、他人に気付かれないように治療を行うことができ、矯正装置が付く前の口元とは見かけ上変わりません。

この治療法は、装置とワイヤー(金属線)を使用し、歯をゆっくりと目的の位置へと移動させるため、来院はおよそ1ヶ月に1回程度となります。

前歯が出ていたり、受け口だったり、歯並びが悪いのを今まで悩んでいたけど、目立つ装置を付けることに抵抗感があり治療を思いとどまっておられたなら、歯の裏側からの裏側矯正治療”にぜひチャレンジしてみてください。
あなたのデリケートな悩みを解決し、他人に気づかれることなくいつの間にか綺麗で魅力的な口元を手にすることができます。

当院ではこのような治療をされておられる方がたくさんおられますので、いろいろな理由で矯正治療をあきらめられておられた方は、一度ご相談ください可能なかぎり詳しくご説明いたしております。

こんな方に向いています。

裏側矯正は、通常の矯正治療と同様に年齢制限はなく、子供から大人の方まで可能です。外から見えない矯正装置なので、他人の目にふれるといった矯正期間中の心理的ストレスも軽減します。今まで歯並びを治したかったけれども、歯の表側につけることに抵抗があって躊躇していた方やトランペットなどの吹奏楽を演奏している方にとって、メリットが大きい装置です。

装着感

この装置は舌の感触を考えて設計されており、丸みをおびた特殊な加工がしてあります。しかし装置が歯の裏側(舌側)に着くため、装置を装着したはじめの頃は、発音がしにくかったり、お口の中に装置があることが気になります。しかし個人差はありますがおおよそ2週間~4週間ほどで慣れてきます

表側矯正との比較

費用を比較すると、裏側矯正装置のほうが若干高くなります。外から見えない特殊な構造で、歯の裏側に装置を装着する技術が必要なため、表側矯正より費用がかかります

治療期間と治療結果については、裏側矯正も表側矯正も以前ほどあまり変わりがありません。治療後の歯並びの仕上がりもまったく同じです。かみ合わせによっては、表側の矯正より綺麗になって早い場合があります。また歯の表側にブラケット装置を装着しないので、歯の表面のエナメル質をきずつけることはありません。

矯正治療中の注意点

むし歯や歯周病を予防するためにも、表側矯正、舌側矯正に限らず、定期的な来院正しいブラッシングは必要です。裏側矯正に適したブラッシング方法があるので、矯正歯科医院の専門のスタッフの指導をうけて、しっかりブラッシングしましょう。

食事についての注意点は、硬い食べ物は装置の脱離の原因になりますのでできるだけ避けた方がいいです。もし煎餅など食べる場合は細かく割って奥歯で噛むようにしてください。装置に着きやすいガム、キャラメルやお餅など粘着性の食べ物も避けた方がよいでしょう。

舌側矯正のメリットとデメリット

舌側矯正のメリット

・他人の視線を気にしなくていい。
・歯が後ろに下がりやすい。
・後戻りのリスクが減ります。
・虫歯になりにくい。
・子供にも適しています。

舌側矯正のデメリット

・ 舌感が悪く、裏側装置をつけた直後は発音しにくい。
・ 治療期間が表側の装置の場合に比べてほんの少し長い。
・ 一回の治療時間が表側の装置の場合に比べて長い。

▲舌側矯正のTOPへ

裏側矯正(舌側矯正)のメリット

 

1.他人の視線を気にしなくてもいい

2.歯が後ろに下がりやすい

3.後戻りのリスクが減ります

4.虫歯になりにくい

5.子供にも適しています


1. 他人の視線を気にしなくてもいい
(裏側矯正装置の最大のメリット)

今まで矯正治療を受けようと考える方にとって最大のネックは、金属や透明の装置でも歯の表側に装置を付けるので目立つということでした。そのため矯正治療に興味があっても踏み切れないという方が大勢おられました。

誰にも気付かれずに治療を受けたい。そんな方のご要望にお応えすべく、当院では歯の裏側に装置を付けることによって、他人に気付かれることなく治療を受けられる裏側矯正治療をおこなっております。この治療法は従来の矯正治療と効果は大きく変わりありません。あらゆる世代の方がお友達や同僚にさえ気付かれることなく、いつの間にか綺麗な口元を手に入れられておられます。

▲このページのTOPへ

2. 歯が後ろに下がりやすい

歯を抜いて矯正治療をしないと綺麗に治らない方の場合、歯を抜いてできたすき間を利用して前歯を後ろに下げますが、この場合、前歯を後ろに移動させるために奥歯を固定源に利用します。綱引きと同じでどちらか片方が引っ張られることにより勝負がつくのです。

矯正治療では前歯を後ろに引っ張ろうとしても奥歯が前に引っ張られてしまってはいけませんので様々な工夫が必要になります。裏側からの矯正治療のメリットはこの奥歯が前に引っ張られにくいので、その分だけ前歯がたくさん後ろに移動しやすいという点です。特に舌を前に出す癖のある方は、悪い癖を取り除く効果もありますので表側の矯正装置よりも歯の裏側の装置の方が有利なのです。

▲このページのTOPへ

3. 後戻りのリスクがへります

歯は舌が前に押す力と頬と唇が後ろに押す力のバランスが取れる位置にあります。歯が前に出ている出っ歯の方でご説明しますと、このような方は舌で歯を前に押す癖があり、唇を意識をしないと閉じにくいので歯を後ろに押す力もありません。それで歯が出てしまうのです。正常は方でしたら舌の位置は歯の付け根から1センチ下がったところにあります。この部分に舌の先があれば問題ありませんが、上の前歯に当たっている方は歯を前に押していると考えられます。

舌側装置はこのような方の舌の悪い癖を除去する装置の役目もありますので、治療後も舌の癖によって歯が前に押されてしまうことによっておこる後戻りの可能性を減少させます

▲このページのTOPへ

4. 虫歯になりにくい

虫歯を作らないことが治療成功のカギといっても過言ではありません。その点、裏側からの矯正治療は歯の表側に装置を付ける従来の方法と比べて虫歯になりにくいというメリットがあり、患者さんにとってもリスクの少ない治療方法だといえます。

なぜ裏側の装置の方が虫歯になりにくいかというと、歯の裏側は絶えず唾液で湿っているからで。虫歯をつくる細菌は歯垢の中で繁殖しますが、唾液で歯面を絶えず濡らしておけば歯垢が歯の表面にできるのを防ぎます。

また唾液は細菌が作り出す酸を薄めます。正確にいうと酸を中和して口の中を中性に保ってくれる非常に有用な働きがあるのです。歯の裏側からの装置はそれだけ唾液の洗浄を受けられる、虫歯になりにくい装置なのです

▲このページのTOPへ

5. 子供にも適しています

子供の場合、装置が表から目立つことにかなり抵抗がある方が多いようです。特に思春期の中学生や高校生にもなると、なおさら周囲の視線が気になるものです。

また、装置が歯の裏側にありますのでスポーツの最中ぶつかって唇の裏側が切れる、といったような心配は全く必要ありません。保護者の方もそういった心配をされる方がおられますが、全く不安に思われることもないのです。

▲このページのTOPへ

▲舌側矯正のTOPへ

PAGETOP