1.他人の視線を気にしなくてもいい

2.歯が後ろに下がりやすい

3.後戻りのリスクが減ります

4.虫歯になりにくい

5.子供にも適しています


1. 他人の視線を気にしなくてもいい
(裏側矯正装置の最大のメリット)

今まで矯正治療を受けようと考える方にとって最大のネックは、金属や透明の装置でも歯の表側に装置を付けるので目立つということでした。そのため矯正治療に興味があっても踏み切れないという方が大勢おられました。

誰にも気付かれずに治療を受けたい。そんな方のご要望にお応えすべく、当院では歯の裏側に装置を付けることによって、他人に気付かれることなく治療を受けられる裏側矯正治療をおこなっております。この治療法は従来の矯正治療と効果は大きく変わりありません。あらゆる世代の方がお友達や同僚にさえ気付かれることなく、いつの間にか綺麗な口元を手に入れられておられます。

▲このページのTOPへ

2. 歯が後ろに下がりやすい

歯を抜いて矯正治療をしないと綺麗に治らない方の場合、歯を抜いてできたすき間を利用して前歯を後ろに下げますが、この場合、前歯を後ろに移動させるために奥歯を固定源に利用します。綱引きと同じでどちらか片方が引っ張られることにより勝負がつくのです。

矯正治療では前歯を後ろに引っ張ろうとしても奥歯が前に引っ張られてしまってはいけませんので様々な工夫が必要になります。裏側からの矯正治療のメリットはこの奥歯が前に引っ張られにくいので、その分だけ前歯がたくさん後ろに移動しやすいという点です。特に舌を前に出す癖のある方は、悪い癖を取り除く効果もありますので表側の矯正装置よりも歯の裏側の装置の方が有利なのです。

▲このページのTOPへ

3. 後戻りのリスクがへります

歯は舌が前に押す力と頬と唇が後ろに押す力のバランスが取れる位置にあります。歯が前に出ている出っ歯の方でご説明しますと、このような方は舌で歯を前に押す癖があり、唇を意識をしないと閉じにくいので歯を後ろに押す力もありません。それで歯が出てしまうのです。正常は方でしたら舌の位置は歯の付け根から1センチ下がったところにあります。この部分に舌の先があれば問題ありませんが、上の前歯に当たっている方は歯を前に押していると考えられます。

舌側装置はこのような方の舌の悪い癖を除去する装置の役目もありますので、治療後も舌の癖によって歯が前に押されてしまうことによっておこる後戻りの可能性を減少させます

▲このページのTOPへ

4. 虫歯になりにくい

虫歯を作らないことが治療成功のカギといっても過言ではありません。その点、裏側からの矯正治療は歯の表側に装置を付ける従来の方法と比べて虫歯になりにくいというメリットがあり、患者さんにとってもリスクの少ない治療方法だといえます。

なぜ裏側の装置の方が虫歯になりにくいかというと、歯の裏側は絶えず唾液で湿っているからで。虫歯をつくる細菌は歯垢の中で繁殖しますが、唾液で歯面を絶えず濡らしておけば歯垢が歯の表面にできるのを防ぎます。

また唾液は細菌が作り出す酸を薄めます。正確にいうと酸を中和して口の中を中性に保ってくれる非常に有用な働きがあるのです。歯の裏側からの装置はそれだけ唾液の洗浄を受けられる、虫歯になりにくい装置なのです

▲このページのTOPへ

5. 子供にも適しています

子供の場合、装置が表から目立つことにかなり抵抗がある方が多いようです。特に思春期の中学生や高校生にもなると、なおさら周囲の視線が気になるものです。

また、装置が歯の裏側にありますのでスポーツの最中ぶつかって唇の裏側が切れる、といったような心配は全く必要ありません。保護者の方もそういった心配をされる方がおられますが、全く不安に思われることもないのです。

▲このページのTOPへ

▲舌側矯正のTOPへ