乳歯と永久歯が混ざっている時期に使用する装置

可撤式 固定式 顎外装置
可撤式 固定式 顎外装置
患者さまご自身で取り外しが可能な装置です。 歯科医師による取り外しが可能な装置です。 歯を移動するための抵抗源がお口の外にある装置です。

永久歯が生え揃ってから使用する装置

レギュラー(通常の装置) クリア(透明な装置) リンガル(裏側の装置)
レギュラー(通常の装置) クリア(透明な装置) リンガル(裏側の装置)
矯正装置として最も一般的なもので、1本1本の歯に接着剤で装着します。金属製のブラケットであるため、目立つというデメリットはありますが、壊れる心配がなく、最もリーズナブルな装置です。  上下の歯のほとんどに歯と同色のクリアブラケットを使うことにより、さらに目立たなくなります。ブラケットを通るワイヤー以外の部分はほとんど目立ちません。 上下ともに歯の裏側に矯正装置を装着します。見た目には矯正をしていることが全くわかりません。しかし、発音がしにくい・高額である・治療期間が少し長くなるといったデメリットもあります。

治療終了後に歯並びの戻りを防ぐ装置

可撤式 固定式
歯並びの戻りを防ぐ区装置 可撤式歯並びの戻りを防ぐ区装置 可撤式 歯並びの戻りを防ぐ区装置 固定式
患者さまご自身で取り外しが可能な装置です。  歯科医師による取り外しが可能な装置です。