大阪府羽曳野市の大阪矯正歯科相談室は成人の目立たない矯正と子供の歯列矯正の矯正専門医院です
投稿

チンキャップ

チンキャップ

チンキャップ(chin cap)は、下あごの骨(下顎骨)または、下あごの歯を後方に移動させるために使われる装置です。
ヘッドキャップを頭にかぶって装着する、取り外し可能な装置です。

対象は、主に骨の成長が活発な時期のお子さんで、不正咬合、特に受け口のお子さんの治療に用いられます。

下あごのとがった部分「オトガイ」にチンキャップを装着し、ヘッドキャップで後方(後頭部側)にオトガイ部分を引っぱる仕組みです。下顎の成長が大きい場合や、下顎の位置が前に出ている症状があるときに、下顎の成長を抑制したり、上顎と下顎の位置のバランスの調整をします。

かみ合わせの状態によって、他の矯正装置と併用することもあります。

 

01.jpg

チンキャップを使用する目的

チンキャップ(chin cap)は、下あごの骨(下顎骨)または、下あごの歯を後方に移動させるために使われる装置です。

ヘッドキャップを頭にかぶって装着する、取り外し可能な装置です。対象は、主に骨の成長が活発な時期のお子さんで、不正咬合、特に受け口のお子さんの治療に用いられます。

下あごのとがった部分「オトガイ」にチンキャップを装着し、ヘッドキャップで後方(後頭部側)にオトガイ部分を引っぱる仕組みです。

下あごの成長が大きい場合や、下あごの位置が前に出ている症状があるときに、下あごの成長を抑制したり、上あごと下あごの位置のバランスの調整をします。かみ合わせの状態によって、他の矯正装置と併用することもあります。

チンキャップの構造

チンキャップは、チンカップヘッドキャップゴムリングから構成されています。
チンカップは、顎の先のオトガイ部にかぶせるものです。

ヘッドキャップは、バンド状あるいはヘルメット状の形をしている頭にかぶるもので、下顎骨や下あごの歯を後方(後頭部側)へ移動させる固定源となります。

ゴムリングは、チンキャップとへッドキャップの間をつなぐもので、ゴムの力を利用して、下顎骨や下あごの歯を牽引させる力を与えています。

チンキャップを使用する際の注意点

チンキャップは下顎をチンカップで押さえる事によって下顎の成長を抑制します。

装置装着時間は12時間を目標に毎日装着して下さい。

最低でも8~9時間使用するようにしていただく様にして下さい。

就寝時間だけでは12時間は大変だと思いますので、宿題をしている時、テレビを見ている時などを利用して下さい。

連続で12時間ではなく、トータルで結構です。

 

*注意事項

・チンキャップのゴムは個人によってゴムの強さ、かける位置が違いますので、自己にて強さ、位置などの変更はなさらない様にお願いいたします。

・ゴムは必ず月1回は交換して下さい。(無くなりましたら受付に申し出て下さい)

・最初の慣れない間など、朝起きた時点で装置が外れていることがあります。慣れてくれば回数も減りますので毎日装着して下さい。(最初の1ヶ月は装置に慣れる事が優先になりますので時間が短くても気にしないで下さい)

・ネットキャップを洗われる場合は、ゴム・チンカップを外してから手洗いにてお願いいたします。

・ご予約時来院して頂いた際に装置を忘れられた方は、ご予約の変更になりますので必ず持参して下さい。

・万が一、装置を紛失された場合は別途有料になりますので紛失しない様にして下さい。

・毎日の使用時間確認の為、記録表を必ず記入して下さい。

PAGETOP