ヘッドギアは、上顎の骨格的なコントロールや、大臼歯の位置のコントロールに用いられる装置です。

骨格的な上顎前突(出っ歯)、すなわち、上あごが大きすぎるために「出っ歯の骨格になっている」場合には、ヘッドギアで上下の顎の位置をコントロールして、上あごの骨の成長抑制をおこなうことがあります。

上あごの成長抑制のほか、骨格的なものではない、歯ならびそのものの「出っ歯」の場合にも、成長期のうちから、ヘッドギアで上あごの奥歯を後方に動かしたり、歯ならび全体を下げる(後退させる)治療をおこなう場合があります。

このほか、歯列全体の矯正で、上の前歯を大きく後退させる必要があるときに、ブラケットをワイヤーを使用するマルチブラケット法とヘッドギアの装着を併用して治療することもあります。

ヘッドギアには、ハイプルタイプサービカルタイプがあり、目的とする力の方向によって使い分けています。

02_17headgear02_02.jpg

02_16headgear01_02.jpg