ヘッドギアハイプルヘッドギアは、上の奥歯(主に第一大臼歯)歯科用セメントで接着した「バンド」、バンドの横にあるチューブに通す「フェイスボウ」、フェイスボーと頭をつなぐ「ヘッドキャップ」から成っています。

サービカルヘッドギアの場合は、ヘッドキャップの代わりにフェイスボーと首をつなぐ「ネックストラップ」があります。へッドギアの装着方法は、まず、上の奥歯に装着した固定式の装置(バンド)と、太いワイヤーでできた「フェイスボウ」をつなげます。

その後、ハイプルタイプでは「フェイスボウ」を頭部の帽子のような装置「ヘッドキャップ」に装着をして牽引します。

サービカルタイプでは首の部分にかける装置「ネックストラップ」に装着して牽引します。

なお、「フェイスボウ」は取り外すことができますが、奥歯につけた装置(バンド)は取り外すことができません