リテーナーはマルチブラケット装置による治療を行って、歯並びと咬み合わせを整えた後に、これを安定化させるための装置です。

矯正治療により歯の移動が終了した後も、まだ歯の根の周囲の骨はしっかり詰まっているわけではなく不安定な状態です。そのため、しばらくの間は歯を押さえて後戻りを防ぐための装置としてリテーナーが必要です。

リテーナーを装着することにより、歯の移動が終わった歯をその位置に軽くキープし、一本一本の歯のある程度自由な揺れを許容しながら、新しい歯の位置を個々の生体機能となじませて、最終的には新しい歯の位置でしっかりと機能(咬むことができる)するようにしていきます。

しっかり歯を正しい位置に固定する期間を「保定期間」といいます。保定期間は患者さまによって異なりますが、約2年程度が目安です。

大阪矯正歯科相談室で用いているリテーナーには透明なマウスピースタイプのクリアリテーナー、プラスチックとワイヤーの部分からなるラップアラウンドリテーナーなどの種類があります。これらの装置はいずれも患者さま本人が取り外しできます。

クリアリテーナー

クリアリテーナー

ラップアラウンドリテーナー

ラップアラウンドリテーナー